どこからどこまでが肥満という線引きを考えずに、太っている人は肥満という印象を抱く人が少なくありません。肥満の正しい意味は、脂肪が一定以上に多くなってしまった状態のことをいいます。体重があるとしても、筋肉が多ければ、必ずしも肥満体型と言い切ることはできません。しかし、その体重が重いということも、肥満の目安となるために決して無視できないものになります。肥満になったかどうかを調べるためには、身長からみた体重の割合を示す体格指数であるBMIを測ることが有効です。BMIの値は、体重÷身長÷身長という計算式で求めることができます。身長を二乗し、22をかけ合わせることで、大まかな自分の標準体型を計算することが可能です。あくまでも、見かけと現在の体重によって求める式となっているので、体の中の状態までは評価することは出来ません。BMIが一致している人がいたとしても、体脂肪率に差があったり、筋肉量に差があれば、肥満かどうかも区別したほうがいいでしょう。仮にBMIが標準値だとしても生活を見直すと食べ過ぎや運動測である場合には、体脂肪率もきちんと測ることをおすすめします。肥満はこのような数値を見ることによって、自覚することができます。身体のことを気にするならば、きちんと生活を見直して栄養バランスの整った食事をして運動を心がけていくことが大切になります。http://xn--j-dfuraa5qpcb0372ewt3derxb.biz/